賢くお金を借りる主婦が増えています

一般に主婦が家計のやりくりをしている場合が多く、お金のことで悩んでいるケースが多くなります。

そのような中で、給料日前に少しだけお金を借りたり、まとまった出費が必要なときに分割で返済している、やりくり上手な主婦が増えています。

ここでは、主婦がカードローンに申し込むにあたっての注意点についてまとめたいと思います。
<専業主婦は要注意!>

パートやアルバイトなどをしている主婦と専業主婦とでは、カードローンの申込みにあたって大きな違いがあります。

消費者金融や信販会社などのカードローンでは、貸金業法の総量規制の影響を受けますので、原則として、年収の3分の1までしか借りることができません。

たとえば、月に5万円の収入になるパート勤務をしている主婦は、年収が60万円になり、20万円まで借りられることになります。

しかし、現金収入のない専業主婦は、総量規制の影響を受ける業者からは1円も借りることができません。

そのため、専業主婦は、総量規制の影響を受けない銀行カードローンに申し込むのがポイントになります。
<銀行カードローンのメリットとは?>

消費者金融や信販会社ではなく、銀行カードローンを選ぶ主婦が増えています。

主婦が銀行カードローンを選ぶ理由は、
1.銀行という安心感
2.カードを保有する優越感
3.いつでも借りられる安心感
などです。

主婦にとって”家計のピンチ”は避けて通ることができませんが、いつでも気軽にお金が借りられるカードを作っておけば安心です。

さらに、カードローンのカードを持つことは、今では高級バックや腕時計などと同様、一種の”ステータスシンボル”としての意味もあります。

主婦の場合は、消費者金融や信販会社のカードローンの利用に不安を感じ、働く主婦でも銀行カードローンを選んでいます。

銀行カードローンの中でも三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」に人気があるようです。

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類があれば、最短30分で審査も終わります。

カードローンの申込み先に迷っているなら、バンクイックに申し込んでみてはいかがでしょうか。

色んなキャッシング会社と比較してみたい方は、こちらを覗いてみて下さい!消費者金融の即日情報ならこちら!

Leave a Reply